港区の大和木材です
大阪市港区にある木材店後継者の奮闘記。地域密着されている工務店支援を使命とし、営業活動を展開中。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真_convert_20130329050820


昨日は太陽光発電をご採用されたお客様宅へ補助金申請の完了報告書を作成して、無事に工事が完了したことをお伝えする機会を昼からいただけたので、午前中は提出する為の資料作成に時間を費やしておりました。写真はメーカーが用意してくれる太陽光発電の「出力対比表」です。


公称の発電ワット数と実際測定した数値のワット数の誤差が一目でわかる書類になっていて、パナソニック製であれば、公称4.83kwの最大出力値が実測で4.97kwでしたので、多く発電してくれることにお客様は大変喜んでくださいます。昨日は曇り空でしたが、買う電気より売る電気が多かったので、発電することに驚かれておられました。


一人で進める初めての申請手続きでしたので、戸惑うことも多かったのですが、一つずつ確実に資料を揃えていきますと、何も難しい問題はありませんし、この申請書類を考えられた方の凄さを感じてしまう程です。


国内では補助金制度が多数存在しますが、多くの方が恩恵を受けられている反面、国が未来に借金を残しながら制度を進めている現実もあります。


私個人では止められない世の流れですが、「自然エネルギーの活用」という視点で見れば、太陽光発電システムは普及すべき商材でもありますし、正しい商品知識と施工力で関心をお持ちのお客様に接していくべきだと思います。


明日も太陽光発電システムの設置工事が控えております。今回の現場で段取りは理解出来たので、明日の工事がとても楽しみです。

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大和宏充

Author:大和宏充
昭和48年、大阪生まれ。12歳磯路小学校卒業後、四国藤井学園中学部入学。香川県丸亀にて全寮制生活を体験後、13歳で四天王寺羽曳が丘中学へ転校。中・高 一貫教育・全寮制生活を再び体験し、卒業。玉川大学 工学部経営工学科卒業。大学在籍中は体育会水泳部ライフセービングクラブに所属、キャプテンを務める。卒業後、松下電工株式会社に入社し、5年間ルートセールスとして大阪で商売の基本を学ぶ。1999年に結婚、2001年大和木材㈱に入社、2005年に代表取締役に就任。「お客様と一緒に感動!!」をスローガンに、社会への貢献と時代変化への対策ばかり考えている。娘2児の父。周りに娘2人の家族が多くて怖い。趣味はガンダム、水泳、ウインドウショッピング(実際の買い物は苦手になりました・・・妻のお陰)、掃除、整理整頓です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。