fc2ブログ
港区の大和木材です
大阪市港区にある木材店後継者の奮闘記。地域密着されている工務店支援を使命とし、営業活動を展開中。
昨日の深夜も強い地震が宮城県で発生したニュースを知り、心を痛めております。度重なる地震で被災者の皆さまの心労はピークに達しているのではないでしょうか?早く不安が解消される日が来る事を切に願っております。


昨日、朝から沢山のお客様と対話させていただき、かなり充実した1日を過ごさせていただきました。帰り時間も遅くなりましたが電車内でグッーーーっと眠れたので、すっきりして10時頃戻ってみると、家族全員が眠りについていたので、久しぶりに長湯をしようと想いたち、一日に出会えた皆さまの事を思い出しながら、30分程ぬるま湯にて半身浴を楽しませていただきました。


NHKの「爆問学問」という番組で爆笑問題さんが学生と向き合って講義されているテレビの内容が


「コミュニケーション力(りょく)=コミュ力(りょく)」


で、現代の学生が悩む心境を知る事が出来て、食い入るように見てしまったのですが、私自身の「コミュ力」を振り返ってみると、高校時代はある事件がきっかけで、自身をさらけ出す事を恐れ、友達との対話をずっと避けて通りました。その反動が大学時代にあらわれ、良いも悪いも両方の想いを繰り返した事を思い出したのです。


果たして今はどうなのか?と考えてみますと、どんな立場の方とも私自身が対話する事を楽しんでいる事に気がついたのです。周りの事を気にせず、私自身が対話しているお客様としっかりと向き合えて、その時間を楽しんでいて、お客様の喜びが私の喜びである事を素直に感じているのです。


実際に昨日もそうでした。色々な方との対話の中で、人の喜ぶ姿を見させてもらう為に、私は積極的に活動しているのだと気付いたのです。私が考えるコミュニケーション力とは


『「相手の喜びを対話の中で引き出せる能力」を持ち、人との関わりを楽しめる力』


のように思いました。爆笑問題の大田さんが


『「コミュ力」は何なのかという答えはないし、その答えを探し続ける為に人と関わり続けているではないか?』


と学生に対して投げかけておられました。本当にそうだと思います。


このブログも一つの「コミュ力」なのでしょうね。電話やメール、直接の対話など手段は様々ですが、沢山の方と対話が出来る事を喜びに感じ、一日を楽しみたいと思っております。


スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大和宏充

Author:大和宏充
昭和48年、大阪生まれ。12歳磯路小学校卒業後、四国藤井学園中学部入学。香川県丸亀にて全寮制生活を体験後、13歳で四天王寺羽曳が丘中学へ転校。中・高 一貫教育・全寮制生活を再び体験し、卒業。玉川大学 工学部経営工学科卒業。大学在籍中は体育会水泳部ライフセービングクラブに所属、キャプテンを務める。卒業後、松下電工株式会社に入社し、5年間ルートセールスとして大阪で商売の基本を学ぶ。1999年に結婚、2001年大和木材㈱に入社、2005年に代表取締役に就任。「お客様と一緒に感動!!」をスローガンに、社会への貢献と時代変化への対策ばかり考えている。娘2児の父。周りに娘2人の家族が多くて怖い。趣味はガンダム、水泳、ウインドウショッピング(実際の買い物は苦手になりました・・・妻のお陰)、掃除、整理整頓です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク