fc2ブログ
港区の大和木材です
大阪市港区にある木材店後継者の奮闘記。地域密着されている工務店支援を使命とし、営業活動を展開中。
昨日は祝日の為、久しぶりに2日間、ゆっくりとお休みをいただきました。私は休日でも早起きするタイプなのですが、気がつけば朝10時でしたので


「こんなに寝たのは久しぶりやなぁ・・・」


という位に寝かせていただいたのです。娘の体調が芳しくないので、夜中に何度か起きる事はあったのですが、ここまで寝る事は最近ではありませんでした。体も正直だなぁと思えた出来事です。


先週末に埼玉の建築会社様から、


「合板がなくて、お施主様が困っています。埼玉まで材料を納入していただく事は可能でしょうか?」


とメールにてお問合せをいただきました。私も何か出来る事はないだろうか?と思いましたので、土曜日の朝にお電話をさせていただいた所、工事現場の方から


「地域の材木屋に言っても入る目途が立たないとの事なので、4現場分の材料を確保したいのです」


といった内容でした。残念ながら、当社取引先の現場に使用する商品を確保するのにも困難な状況の上、問屋様に確認をしたところ


「正直、確保は困難です」


との即答でした。気持ちは何とかご協力出来ないかどうかと思っておりましたが、現実は厳しいですね。普段お付き合いのある材木屋さんから何とか資材搬入してもらえるよう、働きかけていただくしかないと思います。


今まで、材料があるのが当たり前で、現場のコストを削減する為、工程を短くしたり、商品単価を安く抑えたり様々な方法があると思うのですが、「材料があるのが当たり前」という感覚は間違いなのでしょうね。当社も仕入をさせてもらえるからこそ、販売が可能だという想いを持ち続けて今まで商いを継続して参りました。私達は仕入先様との関係をより一層強固にしていく事で、得意先様が必要とする商材を提案し販売していく姿勢が問われているのだと思われます。


それには様々な「決断」が必要です。今週はその「決断」を明確にする1週間になると思いますので、気合を入れて頑張ります!「無駄のない材料確保」それこそが私達に出来る最大の復興支援策と信じています。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大和宏充

Author:大和宏充
昭和48年、大阪生まれ。12歳磯路小学校卒業後、四国藤井学園中学部入学。香川県丸亀にて全寮制生活を体験後、13歳で四天王寺羽曳が丘中学へ転校。中・高 一貫教育・全寮制生活を再び体験し、卒業。玉川大学 工学部経営工学科卒業。大学在籍中は体育会水泳部ライフセービングクラブに所属、キャプテンを務める。卒業後、松下電工株式会社に入社し、5年間ルートセールスとして大阪で商売の基本を学ぶ。1999年に結婚、2001年大和木材㈱に入社、2005年に代表取締役に就任。「お客様と一緒に感動!!」をスローガンに、社会への貢献と時代変化への対策ばかり考えている。娘2児の父。周りに娘2人の家族が多くて怖い。趣味はガンダム、水泳、ウインドウショッピング(実際の買い物は苦手になりました・・・妻のお陰)、掃除、整理整頓です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク