fc2ブログ
港区の大和木材です
大阪市港区にある木材店後継者の奮闘記。地域密着されている工務店支援を使命とし、営業活動を展開中。
今回の東日本大震災に際しまして、被災されました全ての方に心からお見舞いを申し上げます。


月曜日に各メーカー様から被災状況を報告してくださったので、昨日は近隣のお客様を中心に当社の対応策とメーカー様からの状況報告を兼ねて、一日中訪問活動を実施してまいりました。


お客様の中では、今後の対策を検討しておられる会議中に私が訪問したので


「ちょうど話をしている時に来てくれて、助かりますわ~」


と言ってくれたり、ほぼ喜んでくれたのですが、とあるお客様が書類を見るなり、最後の文面を見て


「この情報はいらんわ!!!」


とお叱りをいただきました。私に対して怒っておられるのではなく、文面で被災状況を理由に価格を上昇させようという文章が入っていた事をご指摘してくださったのです。


私に対しこの文章を見た時に、なんでこんな書き方をしているのか?と問い詰めるべきだとご指導をいただきました。その社長はとても尊敬している方ですので、すっと私の中に言葉が入ってきて、気持ちが正された想いになりました。


どの流通業者様も商品がなければ販売が出来ないという事で、必要分以上を買い占めている状況は昨日も続いております。確かにそうですが、まずはどの現場でどれだけ必要なのかをお客様から聞き出す事が重要で、必要分を早めに発注して、納期がかかってでも何とか確保をしていただくという努力が必要だと私は考えます。今までお客様との関係作りを主に考えていた私達にとって、その行為は難しい事ではありません。


私が被災地に飛んで何かの支援活動をする事は出来ませんが、私達に出来る事は沢山あると思います。今日も一歩ずつ確実に前進していきたいと思っております。


スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大和宏充

Author:大和宏充
昭和48年、大阪生まれ。12歳磯路小学校卒業後、四国藤井学園中学部入学。香川県丸亀にて全寮制生活を体験後、13歳で四天王寺羽曳が丘中学へ転校。中・高 一貫教育・全寮制生活を再び体験し、卒業。玉川大学 工学部経営工学科卒業。大学在籍中は体育会水泳部ライフセービングクラブに所属、キャプテンを務める。卒業後、松下電工株式会社に入社し、5年間ルートセールスとして大阪で商売の基本を学ぶ。1999年に結婚、2001年大和木材㈱に入社、2005年に代表取締役に就任。「お客様と一緒に感動!!」をスローガンに、社会への貢献と時代変化への対策ばかり考えている。娘2児の父。周りに娘2人の家族が多くて怖い。趣味はガンダム、水泳、ウインドウショッピング(実際の買い物は苦手になりました・・・妻のお陰)、掃除、整理整頓です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク