FC2ブログ
港区の大和木材です
大阪市港区にある木材店後継者の奮闘記。地域密着されている工務店支援を使命とし、営業活動を展開中。
20060723085952

朝6時に自宅を出発し、母方の実家、徳島県阿南市へ伺いました。2時間30分位で180KM走れるんですから、どれだけ高速が多いか皆様お気付きでしょう。
スポンサーサイト



祭りのシーズンが始まりました。ここ最近では7月20日ごろが雨というのはないはずです。この港区では三社神社が夏祭りを実施していて、太鼓や獅子がこの地区を巡回してくれます。交通安全・家内安全・商売繁盛を祈願してくれて、獅子に頭を食べられます。(写真がなくてすいません)雨の中だったので、会社に獅子が入った瞬間、ズコっとこけていて可愛そうでした。
一昨日・昨日と会食があったために、晩帰宅すると妻・娘が気持ちよさそうに寝ていて、朝は寝ている間に外出するといった事を繰り返したので、19時ごろ打合せをしている最中に
「パパ、一緒にご飯食べたいのに、いつ帰ってくるの?先に食べるよ?いじめないから早く帰ってきて!!」
大きな声で恥ずかしい限りですが、21時過ぎに帰宅すると温かく迎えてくれました。募る話があったようで、ハウルの動く城を見ながら、ゆっくりさせていただきました。
キムタク:「やっと守るものができたんだ。君だ。」
妻は言われてみたい様です。キムタクに。
私の趣味は一体なんだろうと考えさせていただく機会がありました。読書とか映画鑑賞とかスポーツ等々皆様も色々お持ちだと思います。私の場合、特に何かにのめりこんでいるほどの趣味はありません。水泳は週に1回は通うようにしているのですが、最近は正直行けていません。ある時、妻は
「仕事が趣味じゃないの?」
とも言われたこともあります。確かにお客様に何か新しい商材を採用していただく事に喜びを感じています。当たり前の事なのでしょうが、とにかく嬉しいんです。それを趣味だと考えてもいいのだと、ある会食でお話させていただいた税理士事務所の社長に
「趣味は販売です!!って言ってもおかしくないですよ!」
そうなんだ~と思いました。お客様に喜んでいただける商材をこれからもご提案していこうと思わせていただいた一日でした。
私が以前担当させていただいたお客様を上出社員に担当していただく事になり、工務店社長様と一緒にユニットバスの打合せに来てほしいと依頼を受けたようで、昨日から番頭に
「何を確認すればいいですか?」
と質問をしては、メモに書き写している姿を見て
私:「もし良かったら一緒に行かせてもらうけど、どう?」
上出:「助かります!!」
という話になり、同行させていただくことになりました。
降り続く雨の中、現場に辿り着くと、そこにあるのは外部に置く据置型のユニットバスではありませんか?しかも脱衣場付!!幅900×奥行き2400くらいのカプセルタイプだったのですが、もう少し広めの浴槽に入りたいとのご要望で、外部に置く事を諦め、室内に納める方向で打合せをさせていただきました。(詳しく現場状況をお伝えできなくて申し訳ありません。お客様から掲載の許可をいただいていないので・・・)
リフォームは本当に難しいですよ。建築の事をよくわかっていないと、お客様に会ったプランを提案出来ないような気がします。工務店様と同行させていただいて、本当に勉強になりますし、お施主様との人関係が強固なもので、この事も真似できないものだと痛感いたしました。少しは上出社員の役にも立てた様で嬉しかったですね。ハイ
小売をしていますと、どうしても付き物なのがあってはならない発注ミスです。どんな経緯で変更になった等を突き詰める事も必要ですが、とにかく、ミスが無きよう、確認を繰り返す事、発注内容をお伝えして、再度仕入先にも協力してもらい、確認をしてもらう事が大切だと思います。どうしても発注をいただける事のありがたさを忘れてしまい、作業的にこなす事が一番危険だと思います。どんな作業でも、自分の想いをこめて実行すればそれが仕事になるんだと感じる事件がありました。
お客様にお伝えする事は気が引けることですが、嫌な事ほどすぐに相談するべきです。その対応の早さにお客様は親身になってご相談していただけるものです。今日は一人で悩んでいたのですが、会長の奥様が背中をポンと押してくれたので、すっきりしました。
「悩まずにありのままを伝えてきたら、お客様もわかってくれるよ・・・」
ありがたいお言葉です。見積でも、発注でもすべての作業が仕事に変えれるように、素直でありたいと感じた一日でした。
20060716104818

「言葉で人を傷つけることは先に自分が傷つくことになる」という五郎さんの話である。北の国からを良く見ている人はどのシリーズかわかる事と思いますが、とても印象深い一言でした。
とあるメーカーの招待旅行で昨日から北海道にきています。朝7時に札幌市を出て、富良野でこの記念館を見学、ラベンダー畑を横に見ながら旭川で食事をいただきました。旭川動物園にも行きましたが1時間30分という滞在時間では見るものも見れない状況でした。が、是非プライベートでいきたい動物園です。
給湯器メーカーのN社営業マンと昼から同行させていただきました。以前からお互いに相談し合える仲でいいお付き合いをさせてもらっていますが、なんと第2子が私達の家族と同じ時期に誕生される予定だということを知り、勝手ながら縁を感じてしまいました。お客様を訪問させていただくと、様々な情報をいただけるのでいい刺激をもらっています。その刺激が営業につながる、そんなことを感じました。
「大和木材」とYahoo!で検索すると最初に私のブログが出てくるようになりました。あたたかいお言葉も頂戴出来て本当に感謝しています。ありがとうございます。
約束の時間に遅れるのは良くない事ですが、ギリギリで行動すると忘れ物をしたり、伝えたいことが伝えられなかったりとこれもまた良くないことでもあります。冷静に計画的に行動したいと思います。
本日、当社仕入先の代理店主催で木材店の後継者が集まられる会に出席させていただきました。同業者同士のつながりも大切で、地域が離れていると色々情報交換が出来るので、とても楽しみにしている会でもあります。そういう場を与えていただける仕入先に感謝です。
私が大変尊敬している木材店の後継者の方も来られていて、ゆっくりとはお話できなかったのですが、来週社員と一緒にそのお店に訪問する事になりました。とても楽しみな打合せになりそうでわくわくしています。
取り留めのないお話ばかりでしたが、帰りが遅くなってしまい妻には迷惑をかけてしまいました・・・
11時に打合せがあり、商品の色決めをしていただく為にサンプルが必要でした。昨日メーカー様に依頼し、本日届く予定になっていたのですが、時間に間に合うかがかなり不安でしたので、代理店のサンプル娘の所へ確認に行きました。
私:「電工のきらりクレア洗面とトイレの陶器色のサンプルある?」
サンプル娘:「ありますよ」
頑丈な本棚で「勝手にあけるな!!」とテプラで貼っている扉をあけて奥の方をガサガサすると・・・見事に出てきました。
「持っていないサンプルがあると嫌なんです。サンプル集めが好きなんです。」
むー何でも拘りを持っている事はすばらしい事だと感心しました。お陰様で説明も十二分に対応出来ました。感謝です。
今日もお客様を巡回させていただいたのですが、人の痛みがわかる人は人の痛みを経験しないとわかりにくいと感じさせてくれるお打合せが2回ありました。そこに気付きがあり、反省し行動する、それが人の素晴らしさではないかと思いました。一生懸命対応させていただき、当社にしか出来ないサービスを見つけられる様、日々改善していきたいものです。
皆さんは会話を楽しんでいますか?会話=コミュニケーションがないと 「彼は私をどう思っているのかな?」 「今日の社長は機嫌悪そうだな・・・どうだろう?」 とか、想像の世界で物事を判断してしまうようになります。これは大いに損をしている事で当たり前の様ですが、この事に最近気付きました。今の私は今までの私の積み重ねで成り立っています。たくさんの人に愛情をいただき、たまには厳しいお言葉も頂戴し、それぞれ個人が成り立っています。会話を楽しむ余裕がほしいものですね。 今日は朝早い時間から妻とゆっくり話をする時間をいただきました。お互いが思っていた事が、相手を思いすぎるあまり、離れてしまっている場合も多いでしょう。早々から心の蟠り(わだかまりって読むんですね。フジ 教育委員会予備校に問題が出ていました)が消えた一日のスタートでした。 今日はほとんど事務所にいて色々企画を練っていたのですが、本当に事務所にいるとお客様からこんなに電話をいただけているのかと光栄に思えました。(普段事務所にいる機会がすくないので・・・)社員もよく頑張ってくれています。私がすべき事、頑張って実践していこうと思いました。
朝起きて、早めに出社。滑り出しは順調と思いきや、朝現場打合せの為、車で出かけ駐車場に車を入れました。
「時間通りだなー。むふふ、順調、順調!!」
とことこ歩き出すと異変に気がつきました。
「あー財布がなーい!!」
駐車場に止めたのに車が出せないのは問題で、お客様に借りるわけにも行かないし、社員に来てもらうのもかっこ悪い話で、慌てて車を出すことに。
すると、判断がよかったのか、なんと0円!!助かりました・・・でも少しくらい(1000円くらい)は車に積んでおくか、何か考えないといけないですね・・・。
いつも腰に巻くポシェットを腰に巻くのを忘れたのが原因です。忙しくても冷静な判断(こんなことで判断と言うのはどうかとも思いますが・・・)が出来る様にしなきゃいけません。大いに反省して安全運転で会社に戻り、昼からの代理店様営業マンとの巡回に備えてました。
巡回の中で小口の領収書を書いていてお客様が
「お釣りありますか?」
と言われ、
「あ、ちょうど5000円ありますよ・・・あ~!!」
また財布を忘れてしまいました。日々反省・感謝・そして自分を愛さなきゃいけませんね。ハイ。

プロフィール

大和宏充

Author:大和宏充
昭和48年、大阪生まれ。12歳磯路小学校卒業後、四国藤井学園中学部入学。香川県丸亀にて全寮制生活を体験後、13歳で四天王寺羽曳が丘中学へ転校。中・高 一貫教育・全寮制生活を再び体験し、卒業。玉川大学 工学部経営工学科卒業。大学在籍中は体育会水泳部ライフセービングクラブに所属、キャプテンを務める。卒業後、松下電工株式会社に入社し、5年間ルートセールスとして大阪で商売の基本を学ぶ。1999年に結婚、2001年大和木材㈱に入社、2005年に代表取締役に就任。「お客様と一緒に感動!!」をスローガンに、社会への貢献と時代変化への対策ばかり考えている。娘2児の父。周りに娘2人の家族が多くて怖い。趣味はガンダム、水泳、ウインドウショッピング(実際の買い物は苦手になりました・・・妻のお陰)、掃除、整理整頓です

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク